グルコバイの副作用と体験口コミ&個人輸入の注意点!


→ とりあえず、体験口コミと価格を見てみる(クリック)

グルコバイの効果を私的に分析してみた!

2型の糖尿病で血液中のブドウ糖を抑制したいという人向けの薬です。糖尿病の薬は大きく分けてインスリンの分泌を促すものと、血液中のブドウ糖値の上昇を防ぐものの2つのタイプがありますが、このグルコバイは後者(血液中のブドウ糖値の上昇を防ぐもの)に該当します。

糖尿病の方はインスリンの注射を打ったり、インスリン分泌促進薬のオイグルコンやダオニールなどを使っている方が多いかもしれませんね。でもこのような薬は、ちょっと作用が強すぎて副作用のリスクがあることが指摘されていて、ちょっと使うのが怖いという方もいるようです。

Setsumei

インスリンを過剰に分泌してしまうと、かえって低血糖値になってしまうこともあり、人によっては交感神経に問題を生じることもあり、意識障害などの思わぬ副作用が出てしまうことも・・・。

そういったことを考えると、インスリンの分泌を意識する前に血液中のブドウ糖の値を減らすということを重点的に意識した方が良いかもしれません。

ブドウ糖の抑制を図るものは、αグルコシターゼ阻害剤と呼ばれていて、このグルコバイもその薬の一種です。深刻な糖尿病でない限りは、こちらのαグルコシターゼ阻害剤の方が安全で良いかなと思います。

特に食事が影響して糖尿病になってしまった方は、こちらのグルコバイの方が食事と共に摂取すると効果があると言われているので、向いているといえそうですね。

インスリン分泌薬が「攻撃的な薬」だとしたら、ブドウ糖吸収阻害薬は「守備的な薬」と考えても良いかもしれませんね。やっぱり試合(糖尿病)に勝つには、まずは守りからです!

グルコバイに副作用はあるのか?

Fukusayou

血液中のブドウ糖抑制効果があるαグルコシターゼ阻害剤は副作用として満腹感や腹痛、下痢、食欲不振、吐き気などが報告されていて、グルコバイもこれらの副作用に該当します。

副作用はあるといえばありますが、インスリン分泌薬の副作用に比べれば、特に怖いものはありませんね。ちょっとお腹の調子が悪くなるということはあるかもしれませんが・・・。

ちなみにインスリン分泌薬だと、冒頭でご紹介したような意識障害だけでなく、虚血性心疾患、網膜症なども報告されているので使用にためらってしまうというのも無理はありません。

グルコバイの副作用に話を戻すと、もし副作用が起こってしまっても、そのまま継続的に使用していくと、副作用が軽減されていくと言われているので、そこまで心配する必要はなさそうです。

なぜ副作用が徐々に軽減されていくかというと、服用の初期段階では腸の中に残った消化物に含まれる糖類が醗酵されることでガスがたまってしまい、それがお腹の不具合を生んでいるといわれています。

次第にこのような物質も減っていくので、お腹の痛みも徐々に治まっていくというケースが多くなっていますので心配はいりません!ただ、逆にお腹が痛くなってきたという人は要注意です。

場合によっては腸閉塞などの症状を患ってしまうケースもあるので、その場合はすぐにお医者さんに診てもらった方が良いですね。他に注意が必要なこととして、炎症性腸疾患の患者は使用を禁じられていますので注意しましょう。

あまり腸が強くないという方は、ちょっと注意が必要かもしれませんね。

グルコバイの体験口コミ&評判は?

Kutikomi

使用感や実際に試した感想が載っているサイトといえばアマゾンや楽天を真っ先に思い浮かべる方もいるでしょう。しかし現在の日本の規定では、薬事法により、医療用の医薬品は通販サイトで取り扱われていません。

グルコバイももちろん取り扱っていないので、購入することができません。となると、なかなか実際に使っている方のクチコミを見るサイトがなく、使った後にどんな作用があるのか気になってしまいますね。

やっぱり説明書でどのような作用があるかはわ分かっていても、実際の体験者の口コミや感想ほど参考になるものはなかなかありませんからね。

そんな方に、とても参考となるサイトがあります。それが医薬品を多く取り扱っているオオサカ堂やアイドラッグストアーです!医薬品関連の個人輸入仲介サイトでグルコバイの感想も多く寄せられています。

ここで実際に使用した方の参考になる意見を見ることができます。なかなかグルコバイの感想を記入しているサイトやブログはないので、貴重な情報がここで入手することができますよ。

ぞれぞれの個人輸入仲介サイトの最新口コミを一部紹介します。過去分も見たい人は口コミ最後のボタンからご覧になれますので、参考にしてみてください。

もっと参考になる口コミをみる →

グルコバイを個人輸入するならどこが最安値?

Kakaku

ちなみに上記では楽天やアマゾンでは取り扱っておらず、オオサカ堂では扱っているということをご紹介しました。おそらく、「なんで通販サイトで扱うのはダメなのに、オオサカ堂ならいいの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんね。

このオオサカ堂で取り扱っている商品は基本的に海外の医薬品やサプリメント中心です。つまり、海外のものを個人輸入するお手伝い(仲介)を行うサイトになります。

海外の医薬品を大量に購入して転売することは法律で禁止されていますが、個人の使用目的に海外の薬を入手することは大丈夫なんです!

実際問題、海外の医薬品に頼って病気の治療を行っているという方も日本にたくさんいますからね。つまり、オオサカ堂は大量に薬やサプリメントを輸入しているサイトではなくて、「個人のために薬を代わりに買ってあげる」というサイトなんですね。

これであればもちろん法律的にも合法ですし、日本語で対応してくれているので気軽に購入することができます。そして、オオサカ堂のもう一つの魅力はジェネリック医薬品などを多く扱っていて、先発医薬品よりも価格が安いものが多いということが挙げられます。

日本の病院でグルコバイを処方してもらうよりも、オオサカ堂なら安く入手することが可能です。安い料金で成分が同じであれば、そっちの方がお得ですからね。

多くの購入者レビューがあることからも、実際にオオサカ堂を利用してグルコバイを使用している方が多いことが分かります。安くグルコバイを入手して、糖尿病を治したいという方は検討してみてはいかがでしょうか。

オオサカ堂とならんで、超有名な個人輸入仲介サイトのアイドラッグストアーとの価格比較は↓です。どちらも創業19年の老舗で他の会社と圧倒的な差があります。どちらを利用するかは自由ですが、価格で判断してるとオオサカ堂を利用することが多くなると思います。

もっとくわしい情報をみる(Click)