コルヒチンの副作用と体験口コミ&個人輸入の注意点!


→ とりあえず、120件以上の体験口コミと現在価格を見てみる(クリック)

コルヒチンとは?

コルヒチンは、痛風発作を予防することを目的にした薬です。ユリ科のイヌサフランの球部から抽出した成分で、黒海の町コルヒスから持ち帰られたことに由来します。

炎症をおさえるという作用は、紀元前5世紀頃から認められ、18世紀以降、痛風の予防薬として使われるようになりました。痛風の発作を未然に防ぐために使用され、痛風発作が起こりそうな前兆症状(チクチク痛む、むずむずする、鈍痛、熱っぽい等)があらわれたときに内服します。

尿酸が多くなり白血球が集まってしまってからでは、炎症症状がおきてしまい効果があまりありません。

コルヒチンの副作用を考えてみた!

risk

1.消化器症状
下痢や腹痛 吐き気、嘔吐など。
乳糖を分解する酵素の能力が低下することにより、小腸の機能も低下し、分解されない乳糖が吸収されなくなります。そのため下痢や腹痛をひきおこします。

電解質にも関係しているため、水・電解質の吸収をおさえられてしまう、また水・電解質の分泌にも影響するため下痢をおこします。

2.血液成分による異常
発熱、のどの痛み、口内炎、だるさ、皮下出血、歯肉出血など。
白血球に作用するため、血液成分に影響があります。白血球異常、血小板異常、顆粒球異常、再生不良性貧血にも注意。

3.横紋筋融解症による異常
筋肉痛、力がはいらなくなる、足のしびれ、けいれん、歩行困難、赤茶色の尿など

4.その他の副作用
感覚が鈍い、灼熱感、ピリピリ痛む、全身のかゆみ、発疹、肝臓機能異常、脱毛、腎臓機能異常、呼吸抑制など。

精巣に影響することもあり、精子の減少、精子の異常が見られる場合があります。父親が内服していて、子供がダウン症になったり、先天異常になる場合があります。

内服を注意したほうがいい方

肝臓・腎臓の機能が低下しているかた。
肝臓や腎臓から排泄されるので、肝臓や腎臓の機能が低下している方は、排泄されずに、体内に蓄積されて副作用が強くでてしまいます。ごく少量から開始しますが、副作用に十分注意が必要です。

高齢者のかた。
血液中に高い濃度のまま持続してしまう可能性があり、内服する量や間隔に注意しなければなりません。

妊婦、妊娠の可能性があるかた。授乳中のかた。子供など。
妊婦は奇形作用があるため、内服できません。子供は、臓器がまだ十分に発達していなく、また安全性がかくりつしていません。

一緒に服用してはいけない薬剤

代表的なのは、以下の薬です。

  • 抗生剤・・エリスロマイシン、クラリスロマイシン、テリスロマイシン
  • カルシウム拮抗薬・・ニフェジピン
  • 消化性潰瘍治療薬・・シメチジン
  • 抗真菌薬・・・イトラコナゾール
  • 抗エイズウイルス薬・・・リトナビル
  • 免疫抑制剤・・・シクロスポリン

他には、テラプレビル、インジナビル,ネルフィナビル、ダルナビル、コビシスタットなど。

また、グレープフルーツジュースは組み合わせが非常に悪いため、服用時は食べないようにしましょう。

コルヒチンの効果を考えてみた!

isya

痛風の発作を予防して、発作緩解薬としてつかわれます。痛風は、尿酸が血液中に多くなる病気です。尿酸は、遺伝子のDNAなどの原材料の一部であるプリン体が不要になった老廃物です。体の細胞からつくられるだけでなく、口から摂取する食品の肉やビールなどにもふくまれています。

尿酸はいつもは血液中に一定にたもたれていますが、尿酸が多くつくられたり、プリン体を含む食品を多く摂り過ぎたり、腎臓での排泄がうまくいかないと増えてしまいます。尿酸が増えてしまうと、結晶になってしまい、体のすみずみに蓄積されてしまいます。

それを異物と感じ、白血球が排除しようとして集まってきます。尿酸は、次々とつくられるため炎症反応がおこり血流が盛んになって、熱を持ち、腫れあがり痛みます。

尿酸結晶は、温度の低い関節にたまりやすいため、足の親指の付け根は最も痛風発作がおきやすくなります。

コルヒチンは、白血球が炎症部位に集まることを防ぎ、又白血球が炎症物質を放出することも防ぎます。

そのため、コルヒチンはこれから起こるかもしれない炎症や痛みを防ぐのです。痛風発作の予防を目的にしたおくすりです。

痛風発作がおきてからは、すでに白血球があつまってしまっているので、あまり効果が期待できません。痛風発作の前兆症状(チクチク痛む、むずむずする、鈍痛、熱っぽい)が見られたときに使用します。

参考サイト
http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000064.html

コルヒチンの体験口コミ&評判は?

twi

次にコルヒチンを取り扱っている個人輸入代行サイトから口コミ&評判をまとめてみました。実際の購入者が投稿していますので、2chよりは信頼性ありますよ。それでは一部ご紹介します!


もっと参考になる口コミをみる

コルヒチンを個人輸入するならどこが最安値?

buy

個人輸入代行で最も利用者が多いのは「オオサカ堂」でしょう。良くも悪くも、話題に上がるサイトです。私も数年前から、ずっと利用中!次に有名なのは、「アイドラッグストアー」でしょう。価格的にも、商品数的にも、この2サイトで十分網羅できます。

2サイトとも、コルヒチンの体験レビューを載せていますが、オオサカ堂が127件で、アイドラッグが42件でした。コルヒチンを利用している人は、オオサカ堂で買う人が多いみたいですね。

価格を比較してみると、同じくらいでした。(オオサカ堂2,000円、アイドラッグ1,920円)

どちらも送料無料なので、他の手数料はかかりません。為替の変動で価格は変わってくるので、最新の価格をチェックしてみて下さい(^^)/ 円安時はホント安いですよ。


くわしい情報をオオサカ堂でみる ⇒