【肝斑に対抗!】トランサミンの副作用と体験口コミ&個人輸入の注意点!


⇒ とりあえず、体験口コミと価格を見てみる(クリック)

当ページのメイン「トランサミンのガチな口コミ・評判と価格比較」は記事中盤以降に載せていますが、その前に「トランサミンって何?」「副作用はないの?」「安全な飲み方は?」といった内容を簡単に説明していきます。

特に副作用と使い方については、しっかり頭に入れてから使用して下さい。「みんな効いてるんだ~、じゃあ使ってみよ」では、あとあと身体に合わないなどのトラブルを起こすことになります。

また、使用者の口コミや評判は、2chやYahoo!知恵袋などの情報より信憑性はありますが、すべてを鵜呑みにしないことが大事です。

効果や副作用は人それぞれ。過剰な口コミはスルーするくらいの気持ちで読んでくださいね。

トランサミンの効果を私的に分析してみた!

トランサミンは、トラネキサム酸を主成分とする肝斑やシミの改善薬です。トラネキサム酸とは、基本的には出血を止める作用を持つ成分になります。

血液を溶解する「プラスミン」という物質の働きを抑制し、効果をもたらすのですが、プラスミンには抗アレルギー効果や炎症を治める作用もあるため、湿疹や蕁麻疹、口内炎などの治療にも用いられています。

さまざまな効果を持つトラネキサム酸ですが、色素沈着にも効果が高く、肝斑やシミを改善することが実証されています。

プラスミンにはメラニンに関わる情報伝達物質という一面があり、この働きをストップさせることで、メラノサイトの活発化を防ぐことができるのです。

資生堂の「HAKU」をはじめ、トラネキサム酸を配合している美白化粧品も数多く存在しています。

シミだけならばハイドロキノンやレーザー治療など、治療法はいろいろとありますが、肝斑は特殊なシミなので、それらの治療が合わない場合があります。

そのため、肝斑と他のシミとが混在していると治療が難しくなるのですが、トランサミンはこの両方に効果を発揮し、安全性も高いため、とても人気がでているんですね。

トランサミンの副作用は?

トランサミンは、基本的には副作用の少ない、安全な医薬品として知られています。

まれに食欲不振や吐き気が起こる場合がありますが、通常は時間の経過と共に治まります。

しかし、可能性としては以下のような事があります。

トランサミンは血液の凝固を防ぎ、血栓をできにくくします。健康な方が使用する分には全く問題ありませんが、脳梗塞や心筋梗塞、腎疾患の既往歴のある方は、念のため医師に相談してからの使用が無難です。

また、ピルを内服すると血栓リスクが高まります。ピルを常用している方も使用は控えた方が良いでしょう。

ちなみに喫煙者がピルを使用すると、さらに血栓リスクは高まります。

万一ですが、筋肉の発作的な収縮(けいれん)が起こった場合は、すぐに医療機関を受診し、医師の診察を受けてください。

他の薬との飲み合わせによってかゆみや発疹を引き起こす場合もあります。薬に対するアレルギーを起こした経験のある方も、必ず医師の判断に従って使用しましょう。市販の医薬品や食べ物等も含めて、注意してください。

トランサミンの飲み方は?

成人の方なら、1日750~2000mgを3~4回に分けて内服します。

体質、年齢、症状等の条件に応じて、様子をみながら量を適宜調整する事が必要です。医師の指示に従って使用するのが良いでしょう。

ビタミンCとの併用がより効果を高めます。

もし飲み忘れた場合は、気付いた段階で、できるだけ早く忘れた分を飲んでください。ただし、忘れたまま翌日を迎えてしまった場合は、前日の分と合わせて2日分を1度に服用してはいけません。

重篤なリバウンド等はありませんが、急に飲むのをやめた場合、シミや肝斑が再発してしまう場合もあります。様子をみながら少しずつ減らしていくようにしましょう。

トランサミンの体験口コミ&評判は?

それでは、トランサミンを実際に買った人の口コミ・評判をご覧ください。良いのも悪いのも全部載せていますので、参考になるはずです!

効果や副作用は個人差があるので、そこは注意してみてくださいね。


⇒もっと参考になる口コミをみる

トランサミンを個人輸入するならどこが最安値?

トランサミンはどこで買うのが一番お得か??調べてみました!

オオサカ堂やアイドラッグストアーという名前は聞いたことないでしょうか?

海外医薬品・サプリメントなどを取り扱う個人輸入仲介サービスです。

「医薬品の場合、個人輸入するのは法律的に大丈夫なの?」と思うかもしれませんが、合法ですよ。

厚生労働省によってきちんと認められているので違法ではありません。ただし、個人輸入できる数量に制限がありますし、本人以外が使用する目的なら違法になります。転売とかはできないんです。

輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。

ですので、男性が女性専用商品を買うこともできませんし、女性が男性専用商品を買うこともできません。家族の分をついでに個人輸入するってことができないんですね。

「わかった!自分で使うので個人輸入しよう!」と言っても、いきなり素人が個人輸入をできるわけないですよね。

そこで登場!厄介な個人輸入の仕組みをお手伝いしてくれるのが個人輸入仲介サービスなんです。お手伝いと言っても、税関などの面倒な手続きは全部してくれるので、通常の通販サイトと同じ感覚で利用できます。

有名なサイトではオオサカ堂、アイドラッグストアー、ベストケンコー、くすりエクスプレスがありますが、人気も実績もオオサカ堂が一歩抜き出てる感じです。

オオサカ堂は価格・サービスともに抜群!私も利用しています。

海外医薬品を買うって不安要素多いので、購入先は一番安定した人気サイトがおすすめですよ。

その前に、ベストケンコーとくすりエクスプレスにはトランサミンを取り扱っていませんでした。オオサカ堂かアイドラッグストアーで買うしかないですね。

 

私がオオサカ堂を選んだ理由については、下記リンク先で徹底的に検証してますので、是非ご覧ください。アイドラッグストアーとの比較もしています。

【必見!】オオサカ堂の評判でグッときた3つの決め手!

 

口コミ件数からみて、トランサミンの利用者は多いみたいで安心します。紹介した口コミは、ほんの一部で、まだまだたくさんあります。過去の口コミが気になる方は下記のボタンからご覧ください。


⇒ もっとくわしい情報をみる(Click)