【かぶれる?】ユークロマクリームの副作用と体験口コミ&個人輸入の注意点!


とりあえず、500件の体験口コミと価格を見てみる(クリック)

ハイドロキノン配合で有名なユークロマクリームの口コミ・評判を紹介する前に、簡単な概要と副作用、使い方について理解しておきましょう!

なお、ハイドロキノンが含まれる商品はユークロマクリームだけではありません。他にもたくさんあるので、それぞれの特徴を加味して選んでくださいね。 → ハイドロキノン配合商品はこちら

ユークロマクリームの効果を私的に分析してみた!

Setsumei

ユークロマクリームは海外製の医療用美白クリームで、有効成分ハイドロキノンが4%配合されています。

シミ、ソバカス、色素沈着等の解消に効果が高いとされ、日本でも人気を集めています。

ハイドロキノンの作用としては、メラニンの生成を抑制・分解する事で知られています。しかも、メラノサイトというメラニンを形成する細胞まで消滅させてくれるのが嬉しいですね。

メジャーな美白成分としては他にもプラセンタやビタミンC等がありますが、ハイドロキノンはその10倍〜100倍もの効果があると言われ、シミの予防だけでなくすでに沈着してしまった色素をも分解する、強力な漂白作用を持っています。

「肌の漂白剤」とも呼ばれるほどなんですよ。

夢の美白成分かと思われるハイドロキノンですが、濃度が濃いほどに肌への刺激が強くなるので効果との兼ね合いが難しいところです。

1〜3%配合ならば低刺激ですが、効果はかなり緩やかになってしまいます。

その点、ユークロマクリームは4%配合ですので漂白作用はかなり期待できるレベルですね。

早ければ数日後からシミの変化を実感しているユーザーがいる位、即効性があるとの口コミも目にします。

ユークロマクリームの副作用は?

Fukusayou

ユークロマクリームの有効成分ハイドロキノンは、海外では以前から美白効果の高い成分として使用されていました。

日本では近年になって厚生労働省から認可されましたが、効果が高い分、濃度によっては副作用も起こりやすいので慎重に使用する必要があります。

ユークロマクリームはハイドロキノン配合濃度4%ですから、医薬品としては濃度は低く、副作用も起こりにくいレベルの商品です。
一般的には、5%までなら日本人の肌にトラブルは起こりにくいとされています。

しかし、肌の強さや体質は個人差の大きいものなので、敏感肌の自覚のある方は注意が必要!

副作用としては、赤いかぶれやヒリヒリ感に始まり、進行するとただれや色素沈着にまで悪化する場合があります。

強い刺激を感じた場合は使用を中止し、様子を見て悪化するようなら医療機関を受診してください。

治まってからユークロマクリーム「Lite」や「SG」等、ハイドロキノンの配合の少ない商品の使用を検討するのが良いでしょう。

ハイドロキノンには白斑のリスクもありますので、顔全体に塗布したりは絶対にせず、気になるところにのみ使用するようにしてください。

ちなみに問題になったカネボウ化粧品の白斑は、独自の美白成分を使用しているとの事で、ハイドロキノンが原因ではありません。

炎症や傷口へは塗布しないよう、注意してくださいね。

強い成分なので、ホルモンバランスの不安定な妊娠・授乳中の女性も使用は控えましょう。

ユークロマクリームの使い方は?

Tukaikata

まずは皮膚の薄い目立たない場所(腕の内側等)でパッチテストをおすすめします。

薄く直径2cm位の範囲に塗布し、半日ほど様子を見てください。赤みや水疱、ヒリヒリ感等が無ければ大丈夫です。

朝晩の洗顔後に化粧水で肌の状態を整え、気になる部分に薄く塗ります。

小さなシミは綿棒を使うと塗りやすいですよ。

日中は紫外線を防ぐ必要があるので、日焼け止めを使用しましょう。帽子や日傘等で、極力日に当たらないようにする事も大切です。

ハイドロキノンは浸透力が弱いという特徴があるので、トレチノインと併用すると効果が高まります。先にトレチノインを塗布し、10分程浸透を待ってからハイドロキノンを使用してください。

ただ、トレチノインも肌への刺激がある成分です。パッチテストはお忘れなく!

ユークロマクリームの体験口コミ&評判は?

Kutikomi

それでは、ユークロマクリームを実際に買った人の口コミ・評判を見て行きましょう。各個人輸入仲介サービスの口コミ・評判を紹介します。


もっと参考になる口コミをみる →

ユークロマクリームを個人輸入するならどこが最安値?

Kakaku

ユークロマクリームは医薬品のため、楽天やAmazonでは買えません。ではどこで買うのか?

オオサカ堂やアイドラッグストアーという名前は聞いたことないでしょうか?

海外医薬品を取り扱う個人輸入仲介サービスです。

「海外医薬品を個人輸入するっていいの?」と思うかもしれませんが、いいんです!

厚生労働省によってきちんと認められているので違法ではありません。但し、個人輸入できる数量に制限があります。

このへんも個人輸入仲介サービスを利用すれば、あらかじめ制限されているので、あまり意識することはありません。

また、あくまで自分自身が使用する分だけに限ります。厚生労働省のホームページにもこう載せられています。

輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。

「理解した!じゃあ、個人輸入しよう!」と言っても、いきなり素人が個人輸入をできるわけないですよね。その業務をお手伝いしてくれるのが個人輸入仲介サービスとなります。お手伝いと言っても、通常の通販サイトと同じで全部してくれますけど。

有名なサイトではオオサカ堂、アイドラッグストアー、ベストケンコー、くすりエクスプレスがありますが、人気も実績もオオサカ堂が一歩抜き出てる感じです。

オオサカ堂は価格・サービスともに抜群!

人気あります!私も利用しています。

海外医薬品を買うって不安要素多いので、購入先は一番安定した人気サイトがおすすめです。

 

私がオオサカ堂を選んだ理由については、下記リンク先で徹底的に検証してますので、是非ご覧ください。アイドラッグストアーとの比較もしています。

【必見!】オオサカ堂の評判でグッときた3つの決め手!

 

オオサカ堂にはまだまだ過去の口コミ情報がたくさん載っているので、是非ご覧になって下さい。


もっとくわしい情報をみる(Click)

↓↓↓いつもお世話になっている大手個人輸入代行オオサカ堂
 

このページの先頭へ