ロジールの副作用と体験口コミ&個人輸入の注意点!


→ とりあえず、体験口コミと価格を見てみる(クリック)

ロジール(ダラシンジェネリック)の効果を私的に分析してみた!

ロジールはダラシンのジェネリック医薬品なので、効果的にはダラシンと同じようなものと考えて問題なさそうです。ダラシンはニキビの炎症を抑えるのに効果がある成分が配合されていて、アクネ菌やブドウ球菌を抑制する作用のある薬です。

アクネ菌やブドウ球菌も肌に存在する常在菌の一つなので、全く顔に住みついていないというわけではないのですが、皮脂の多い部分に住みついてしまうので、そこから炎症が起こったりしてしまうことも・・・

Setsumei

ニキビなどの化膿性炎症の場合はダラシンが使われるケースが多いので、そういった意味ではジェネリック医薬品のロジールでも同じような作用が期待できますね。

こちらも内服薬タイプなので、敏感肌の人でも肌に炎症が生まれたり、かぶれたりという心配もないので安心。軟膏タイプだと、どうしても塗った後の肌の反応だったり、塗布した成分が洋服にまで付いてしまうということがあるので、塗るのに抵抗がある人もいると思いますが、そういうリスクがないのが嬉しいですね。

細菌を殺菌する作用があるので、腫れや赤みを防いで早めに皮膚炎症を抑えるのに理想的です。ちなみに一箱で100錠も入っているので、ニキビが慢性化してしまった人にも長期的に服用するのに良いかなと思います。

毎日しっかり洗顔していても、ニキビが出来やすい人は肌の代謝が悪くて、ビタミンやミネラルが不足がちになっているケースが多いです。その場合はアクネ菌やブドウ球菌が増殖してしまう傾向にあるので、体の内面から変えてく上ではロジールは効果が期待できるといえそうですね。

ロジール(ダラシンジェネリック)に副作用ってあるの?

Fukusayou

内服薬タイプなので、直接的に肌に過剰な炎症作用が出るというわけではないのですが、注意しなければいけない薬でもあります。例えば、肝臓病や腎臓病の人は控えた方が無難。薬の成分は胃で消化されて、最終的に肝臓を経由して体全体へと巡っていきます。

そのため肝臓への負担が大きく、肝機能の弱い方は服用を控えたほうがよいですね。

先発医薬品に当たるダラシンの副作用には、血管浮遊や蕁麻疹、急性腎不全など多くのものが報告されているので、事前の注意が必要な薬とも言えます。詳しくは、使用上の注意を読んでもらうのが1番良いです。特に気をつけたいところは、他の薬との併用。

エリスロマイシンと呼ばれる成分が配合されている薬との併用は不可能となっています。

併用することで痒みなどのアレルギー症状を起こしてしまうケースがあります。エリスロマイシンもブドウ球菌の感染予防などに使われている感染症の治療薬なので、ひょっとしたら使っているという方もいるかもしれません。

結構こういった感染症を予防する薬というのは、併用が不可の薬が多いので、自分1人で判断するのはちょっと危ないので辞めておきましょう。持病やアレルギー反応を持っている人は、特に気をつけたほうが良いのです。何も薬を服用していない状態で飲むのが好ましい薬といえます。

ロジールの体験口コミ&評判は?

Kutikomi ロジールの口コミや体験談が知りたい場合はロジールを扱う販売サイトで確認しましょう!といっても、普通の販売サイトでロジールは取り扱っていません。のちほど詳しく説明しますが、個人輸入仲介サイトを利用して個人輸入する形になります。

その個人輸入仲介サイトに購入した人がポイントをもらうため、口コミや体験談を投稿しています。楽天と同じ仕組みですね。なかには、参考にならない変な投稿もありますが、平均して皆さんちゃんと書いていて、見て損はないと思います。

ここでは、各個人輸入仲介サイトの最新口コミを一部紹介していきます。あまり力を入れず、参考程度にご覧下さい。

もっと参考になる口コミをみる →

ロジールを個人輸入するならどこが最安値?

Kakaku

ズバリ!ロジールは大手の個人輸入仲介サイトから注文するのが一番お得でしょう!

なぜなら、日本では個人輸入でしか入手できないからです。もし、Amazonや楽天で取り扱っていれば、それは業者が場所をかりて出店しているだけです。

大手の個人輸入仲介サイトは自身のサイトを保有しており、価格競争を行っています。大手だと、ほとんど送料は無料。

個人輸入仲介サイトといっても、今ではいろんなサイトが存在します。その中でも最大手といえば、オオサカ堂とアイドラッグストアー。業界では老舗中の老舗で、創業19年の実績があります。

個人輸入仲介会社ですが、主要な商品については第三機関に成分鑑定してもらっており、商品に品質を維持しています。また、信頼できる流通経路を確立してるので、偽モノが混入する危険性もありません。価格で選んだとしても、この大手二社が最安値レベルと思ってもらっていいと思います。

海外の医薬品を個人輸入することは法律上問題ありません。注意する必要があるのは、自分以外の第三者に商品を渡す目的では個人輸入できないということです。男性専用なのに女性が注文することはできません。友人と共同でまとめ買いをすることはできません。どちらも違法行為となりますので、十分注意しましょう!

もっとくわしい情報をみる(Click)