オルリスタットの副作用と体験口コミ&個人輸入の注意点!

オルリスタットってどんな薬?

オルリスタットは、食事で摂取した脂肪分を、体内に吸収せず排出するという画期的なダイエット医薬品です。「ゼニカル」というスイスの製薬会社が開発した肥満治療薬のジェネリックになります。ちなみに日本では未承認のため、個人輸入で入手することになります。

ダイエット向けの薬といっても、食欲を減退させるタイプではなく、脂肪を多く含むヘビーな食事をしても、吸収を阻害する作用がある、つまり身に付かないということ。

オルリスタットの副作用を考えてみた!

risk

ビタミン類の不足や、胃腸に影響!

ビタミンA、D、E、Kβカロチンなど脂溶性のビタミン類は、脂肪と同様に栄養として吸収されないのです。これらが足りないと、皮膚の乾燥、貧血や肩こり、視力の衰えや歯周病、抵抗力の低下からカゼをひきやすくなるなど、様々な症状を引き起こします。オルリスタットを服用する際は、野菜や果物をたくさん摂って、不足するビタミンを補いましょう。

また、腹痛や下痢あるいは便秘、腸が張っている感じ、便意と放屁の感覚がつかめず便を失禁してしまうなど、決して重篤な症状ではないのですが、デリケートな部分の問題が起こります。オルリスタットの服用で脂質の便になり、漏れ出て下着を汚してしまう場合もあります。ちょっと、やっかいですね。

オルリスタットはどんな場合に禁忌となる?

もともと栄養を吸収する機能の弱い人や消化不良を起こしやすい人は、オルリスタットの服用はできません。また薬物に対して過敏である人、アレルギー性の人、それから薬品全般にいえることですが、肝臓や腎臓の弱い人や持病のある人、てんかんを抑える薬を常用している人も控える必要があります。

■服用を控えるべき人

  • 栄養を吸収する機能の弱い人
  • 消化不良を起こしやすい人
  • 薬物に対して過敏である人
  • アレルギー性の人
  • 肝臓や腎臓の弱い人
  • てんかんを抑える薬を常用している人

オルリスタットと併用できない禁忌薬があります。専門的な薬ですが、シクロスポリン(免疫力を強力に抑制させる薬)や、ワルファリンなどの血液をサラサラにさせる抗凝血剤、甲状腺機能低下症の薬であるレボチロキシンや不整脈の治療薬アミオダロンなどです。これらを定期的に服用している方は、医師に相談してから服用を検討しなければなりません。

オルリスタットの効果を考えてみた!

cause_and_effect

肥満症の人には効果が期待できます!

肥満が過ぎると、単に見た目が悪いだけでなく、高血圧や高脂血症などから糖尿病を発病しやすくなります。また心臓に負担をかけ、心筋梗塞のリスクが高まるなど悪影響が多いのです。今や生活習慣病や糖尿病予備群の人の数は計り知れず、現代社会がかかえる問題なのです。

体質的になかなか痩せられない人や、BMIが27以上ある肥満症の人などは、薬で効果的に改善できて、肥満による危険な合併症を避けられるのはありがたいこと。現在、オルリスタットは国内で未認可ですが、その効果を考慮すると、厚労省も認可を検討する可能性も高いでしょう。

体重をコントロールする必要のある人に!

ひどく太っているわけではないけれど、スリムな体型を維持する必要のある人。例えばモデルさんなど、容姿やプロポーションをウリにして仕事をしている人。そうでなくても常に美しくありたい人…。ダイエットにも種類はありますが、持続するほどに効果は薄れてくるもの。そんな時、薬の力を借りて微調整するという方法もあるのですね。

ただし、薬の効用にばかり頼るのは良くないことです。本来、脂肪は重要な栄養素のひとつです。オルリスタットは、肝臓から分泌される酵素「リパーゼ」が持つ脂肪を分解する働きを阻止しているわけです。

カラダに備わっている正常な機能を、むりやり止めているということを頭に入れておきましょう。

オルリスタットのツイッター上での評判・口コミは?

twi

オルリスタットを使用している方は、ほとんどが個人輸入で入手しています。個人輸入をするにあたって利用するのが、個人輸入をお手伝いしてくれる代行サイト。(オオサカ堂やアイドラッグストアーなど)

オルリスタットの口コミ&評判を探すにあたって、体験レビューが一番そろっているサイトでもあります。ここでは、☆評価の集計した結果と体験レビューの内容を一部紹介していきたいと思います。

オルリスタットを個人輸入するならどこが最安値?

Kakaku

オルリスタットは個人輸入の代行サイトで注文することをさきほどお伝えしましたが、では実際どこの代行サイトが安くて安心できるのでしょうか?

答えは「オオサカ堂」です。

と言いたいところですが、残念ながらオオサカ堂ではオルリスタットは取り扱っていません。代わりに「オルリファスト(Orlifast)」が人気のようです。

個人輸入代行サイトで最大手のオオサカ堂で取り扱っていなければ、次いで大手のアイドラッグストアーはどうでしょう?

ありました!

価格 錠単価
30カプセル 2,920円 97円
60カプセル 4,990円 83円
90カプセル 7,330円 81円
100カプセル 7,830円 78円

オルリファストの方が錠単価で言うと少し安いですね。(オルリファストは42錠入りだと錠単価78円で、84錠入りだと錠単価74円ほど)

【関連記事】
オルリファストの副作用と体験口コミ&個人輸入の注意点!

どちらにしても、ゼニカルのジェネリックとして人気のある2つです。口コミや評判など見ててもリピーターが多そうなので、効果に期待できそうですね。