ゼニカルの副作用と体験口コミ&個人輸入の注意点!


→ とりあえず、体験口コミと価格を見てみる(クリック)

ゼニカルの本当の口コミ・評判を紹介する前に、効果と副作用、使い方についてざーっとおさらいしていきましょう。

特に副作用と使い方については、他のサイトでも勉強して、しっかり理解した上でゼニカルを使用することが大事です。

「みんな効いてるんだ~、じゃあ使ってみよ」では、あとあと体質と合わないなどのトラブルを起こすかもしれません。実際に使用した人の口コミは2chやYahoo!知恵袋などの情報より信憑性はありますが、効果や副作用には個人差がある!ということだけ忘れないようしましょう。

ゼニカルの効果を私的に分析してみた!

ゼニカルとは、脂肪の吸収を抑えて肥満を治療・予防する医薬品です。

ゼニカルの主となる有効成分はオルリスタット。腸内に存在するリパーゼという消化酵素を抑制する作用を持っています。

リパーゼは体内に取り込んだ脂肪分を分解し、吸収されやすくする働きを持っているので、これを抑えることにより脂肪分の排出を促し蓄積を防ぎます。

具体的には、ゼニカルの服用で食事によって摂取した脂肪分の約30%がカットされるのです。

また、美容と健康を目的とするダイエット以外にも、肥満に伴う高血圧や糖尿病等の生活習慣病の予防にも効果が期待できます。

ゼニカルの開発・発売はスイスの『ホフマン・ラロシュ社』です。

2014年現在、日本では未承認ですが、発売開始は1998年と15年以上もの実績があり、愛用者は世界17カ国、4000万人にのぼります。

基準が非常に厳しいとされる米国食品医薬品局(FDA)の認可を受けており、信頼性の高い肥満治療薬であると言えるでしょう。

ゼニカルの副作用は?

ゼニカルについて、重篤な副作用の報告はされていません。

脳や神経等の人体でなく、脂肪を分解する消化酵素に作用する医薬品ですし、成分の99%は体外に排泄されてしまうので、安心して使用できます。

ただ、体質は個人によってさまざまですので、お腹の敏感な方には以下のような副作用が生じる可能性があります。

■おならや排便の回数が増える。
■便が軟らかく、下痢気味になる。時には下着が汚れる。

ひどい時には、念のため生理用ナプキンを使用すると安心です。

便秘気味の方には、お通じがスムーズになり、ダイエット効果が高まる場合もあります。

また、注意して頂きたいのはこちらです。

■脂溶性ビタミンの不足

脂肪分の吸収を阻害する事によって、それに溶け込んで体内に吸収される性質のビタミン類が不足する可能性があります。

ビタミンA、D、E、Kを意識して補うようにすれば心配はありませんので、サプリメントとの併用がおすすめです。

ゼニカルとは服用時間をずらして使用するようにしてくださいね。

ゼニカルと肝障害の関連性について調査されたことがありますが、こちらは立証されず、FDAでの認可も引き続き受けていますので、ほぼ心配はないと言えます。

ただ、万一、皮膚の色が黄色くなる、不眠、疲労感や食欲低下等の症状が出た場合は一旦使用を中止し、医師に相談するのが良いでしょう。

ゼニカルの使い方は?

ゼニカルは3度の食事の際に、1回1カプセルを服用するだけなので、使用方法は簡単です。

食事による脂肪分の摂取を抑制する事が目的ですので、食事中、遅くても食後1時間以内には飲むようにしてください。

ちなみに脂肪分の少ない食事の時は、使用しなくてもOKです。

もし飲み忘れた場合でも、1回の食事に対して1カプセルの使用量は守り、勝手に増量しないようにしましょう。

極端な脂肪分の不足は、皮膚の乾燥や肌荒れ、生理不順等を引き起こす場合があります。

ゼニカルには、脂肪分が体内に摂り込まれるのを抑制する効果はありますが、すでに蓄積された体脂肪を分解する働きはありません。

ゼニカルの服用で脂肪分をカットしながら、有酸素運動等を取り入れて体脂肪の燃焼を促すと、さらに効果が期待できるのでおすすめです。

ゼニカルの体験口コミ&評判は?

それでは、ゼニカルを実際に買った人の口コミ・評判を見て行きましょう。各個人輸入仲介サービスの口コミ・評判を紹介します。


もっと参考になる口コミをみる →

ゼニカルを個人輸入するならどこが最安値?

ゼニカルは医薬品のため、楽天やAmazonでは買えません。ではどこで買うのか?

ゼニカルはどこで買うのが一番お得か調べてみました。

オオサカ堂やアイドラッグストアーという名前は聞いたことないでしょうか?

海外医薬品を取り扱う個人輸入仲介サービスです。

「海外医薬品を個人輸入するっていいの?」と思うかもしれませんが、いいんです!

厚生労働省によってきちんと認められているので違法ではありません。但し、個人輸入できる数量に制限があります。

このへんも個人輸入仲介サービスを利用すれば、あらかじめ制限されているので、あまり意識することはありません。

また、あくまで自分自身が使用する分だけに限ります。厚生労働省のホームページにもこう載せられています。

輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。

「理解した!じゃあ、個人輸入しよう!」と言っても、いきなり素人が個人輸入をできるわけないですよね。その業務をお手伝いしてくれるのが個人輸入仲介サービスとなります。お手伝いと言っても、通常の通販サイトと同じで全部してくれますけど。

有名なサイトではオオサカ堂、アイドラッグストアー、ベストケンコー、くすりエクスプレスがありますが、人気も実績もオオサカ堂が一歩抜き出てる感じです。

オオサカ堂は価格・サービスともに抜群!

人気あります!私も利用しています。

海外医薬品を買うって不安要素多いので、購入先は一番安定した人気サイトがおすすめです。

ゼニカル42錠 1箱 2箱 4箱
オオサカ堂 5,376円 9,550円 17,181円
アイドラッグ 5,370円 9,540円

私がオオサカ堂を選んだ理由については、下記リンク先で徹底的に検証してますので、是非ご覧ください。アイドラッグストアーとの比較もしています。

【必見!】オオサカ堂の評判でグッときた3つの決め手!

 

オオサカ堂にはまだまだ過去の口コミ情報がたくさん載っているので、是非ご覧になって下さい。


もっとくわしい情報をみる(Click)