万能過ぎる!クラビットの副作用と体験口コミ&個人輸入の注意点!


→ とりあえず、体験口コミと価格を見てみる(クリック)

クラビットの効果を私的に分析してみた!

クラビットは内服薬タイプの医薬品です。
抗菌作用のある飲み薬ですが、ある特定の病気に対して有効というわけではなく、あらゆる感染症に有効な薬となっていますので使ったことがある方もいるかもしれませんね。

具体的には肺炎、腸チフス、胆管炎、胆嚢炎などの臓器の炎症を抑える薬として役立てられています。
それだけでなく、インフルエンザの感染予防や、クラミジアを治せる性病対策としても用いられているなど、非常に幅広い分野の感染対策として用いられているとっても優秀な薬なんです!

やや症状の重い感染症ばかりに有効な薬というイメージがあるかもしれませんが、扁桃炎や咽頭炎など喉の症状にも有効な薬として使わちゃうぐらい万能。

Setsumei

クラビットはレボフロキサシンと呼ばれる成分が配合されています。
飲み薬として配合されていることが多い成分ですが、現在は注射型タイプも製造許可が下りるなど信頼ある成分として認知されていますので安心ですね。
抗菌薬として欠かせない薬となっていて、細菌の増殖抑制には非常に効果のある薬です。

クラビットの副作用とは?

Fukusayou

このように細菌感染に有効な薬として評価を高めているクラビットですが、副作用の危険性も少なからず存在します。
オフロキサシンは抗菌の作用が強く、アレルギー反応を起こしてしまうケースも…

特に腎臓に疾患を抱えている方や持病のある方は服用を控えた方が良いでしょう。稀に発疹が出たり、下痢などの症状が現れるケースも報告されています。

他には、光線過敏症を起こしたという例もあるので、もし服用して異常を感じれば、すぐに中止して医師の診断を受けましょう。

重篤な症状が現れたという報告こそありませんが、多くの副作用の症状が報告されている薬でもあるんです。
軽い症状としては、手足のしびれ、喉の痛み全身の倦怠感、頭痛、吐き気、動悸、めまいなどがあるんでちょっと侮れませんね。

その他に注意が必要なこととしてはクラビットは、抗菌剤として使用されているため風邪薬や胃薬などと比べて広範囲の経口薬として使われています。
そのため、用法用量には特に注意する必要がある薬といえるでしょう。

例えば併用が注意する必要がある薬として、クマリン系抗凝固薬ワルファリン、アルミニウムまたはマグネシウム含有の制酸薬などがありますので、これらと一緒に飲むのは絶対ダメ!

特にワルファリンは肝臓の代謝を抑制する作用があるので、クラビットに含まれるオフロキサシンとの併用は禁じられています。

このように禁じられている薬がいくつかありますので、個人の判断で服用は絶対にやめましょう。
必ず病院で医師の診断を受けてから服用するようにしたほうが良いです。

併用することにより、痙攣や麻痺などを一時的に発症してしまう恐れがありますので、取り扱いには注意が必要ですね。

クラビットの体験口コミ&評判は?

Kutikomi

クラビットを取り扱うオオサカ堂やアイドラッグストアーでは、購入者から口コミ情報を募集しています。
投稿してくれた方にポイントを付与する形で、口コミ情報がどんどん溜まってきています。

購入者しか投稿できないシステムなので、2chのように誰でも投稿できるものではありません。
そのため、情報の信憑性は高く、有益な情報を得ることができます。

ここでは、最新の口コミを一部紹介しておきます。


もっと参考になる口コミをみる →

クラビットを個人輸入するならどこが最安値?

Kakaku

さて、気になる価格ですが、安く医薬品を入手する場合は「個人輸入仲介サービス」を利用します。
さきほど紹介したオオサカ堂とアイドラッグストアーがこの業界で最大手!どちらも創業19年の実績があります。

海外から取り寄せると低価格で入手することができます。送料は無料!

個人が利用する目的で海外から医薬品を輸入することは法律上問題なく、厚生労働省も認めています。
成分が同じなら効果も同じ!日本以外でも賢く入手する選択肢もあるということです。

ただし、小さな個人輸入仲介会社はおすすめしません。
ニセモノが混入するケースで一番確率が高いのは、流通経路が明確になっていないケースです。

おすすめはオオサカ堂。業界最大手であり、主要な商品であれば成分鑑定を行っています。
出荷元の提携会社は、医薬品取扱いライセンスを持った大手のホールセラー(製造業者と小売業の中間業者=いわゆる卸売業)なので、流通経路も明確です。

価格についても業界最安値クラスなので、損した〜と感じることは少ないでしょう。


もっとくわしい情報をみる(Click)