ムコスタジェネリック(レバゲン)の副作用と体験口コミ&個人輸入の注意点!


→ とりあえず、体験口コミと価格を見てみる(クリック)

ムコスタジェネリック(レバゲン)の効果を私的に分析してみた!

レバミピドは、胃の粘膜を正常なものにする作用がある薬です。
特に胃潰瘍や胃炎を治療するときのスタンダードな存在として知れ渡っています。胃薬として、真っ先に名前が挙がるものといっても過言ではありません。

胃炎や胃潰瘍というのは、胃の内部に腫瘍や潰瘍ができているのが原因。このような時は胃の粘膜が薄い状態になっていて、胃壁を守る組織が正常なものになっていないため、潰瘍ができやすくなっています。

レバミピドにはプロスタグランジンと呼ばれる胃の粘膜を増やす作用があるため、胃炎や胃潰瘍には必要不可欠な成分です。

Setsumei

例えば、キャベツなどに含まれているビタミンUでも胃の粘膜を修復する効果が期待できるのですが、それだけでは胃の粘膜を修復するのは難しくなっているため、レバミピドを使用するのが最も効果的となっています。

また、胃炎や胃潰瘍を患っているときはできるだけ胃酸の分泌を抑える必要があります。胃酸が粘膜を刺激し、傷つけてしまう可能性があるからです。
このような胃酸分泌抑制効果もレバミピドにあります。

ムコスタジェネリック(レバゲン)の副作用とは?

Fukusayou

胃の治療には欠かせない薬として人気のレバミピドですが、副作用の危険性もあります。
ただし、副作用の危険性はごく稀な確率となっています。

用法用量を守っていれば、副作用の危険性はほぼ無いといってよいでしょう。
ただしごく稀に体質が合わなかったりなどの影響で、発疹や蕁麻疹を発症するケースがあります。

その他には喉の傷み、倦怠感、鼻血や歯茎からの出血、白血球の減少、肝機能障害などがわずかながらではありますが、事例として報告されています。

1日1錠、朝昼晩3回服用するものとなっていて、きちんとした飲み方をしていれば、このような副作用の危険性はまずないと考えてよいでしょう。
また、併用することを禁じている薬も特になく、鎮痛薬などと併用される事も多い内服薬となっています。

レバミピドは胃の治療に欠かせない薬ですが、大塚製薬から発売されたムコスタ錠が先発医薬品となっています。
一箱100錠入りで6000円から7000円程度が相場となっています。

しかし今では、ムコスタ錠のジェネリック医薬品であるレバミピドのほうが、その半額程度となる3000円から4000円程度で購入できるということもあり、人気を集めています。

効果的には、先発医薬品と変わらないため、経済的負担の少ないムコスタジェネリック(レバゲン)が主流になりつつあります。

ムコスタジェネリック(レバゲン)の体験口コミ&評判は?

Kutikomi

「ムコスタジェネリック(レバゲン)ってホントのところどーなのよ?」ということで、ここではガチで購入した人・体験した人の口コミ情報を少しだけ紹介します。

ムコスタジェネリック(レバゲン)を取り扱うオオサカ堂やアイドラッグストアーでは、購入者から口コミ情報を集めていて、投稿してくれた方にポイントを付与しています。
つまり、購入者・体験者しか投稿していないので、口コミ情報がガチです。

もっと詳しく知りたい方は、オオサカ堂、または、アイドラッグストアーの商品ページでご覧になれます。


もっと参考になる口コミをみる →

ムコスタジェネリック(レバゲン)を個人輸入するならどこが最安値?

Kakaku

さて、気になる価格ですが、安く医薬品を入手する場合は「個人輸入仲介サービス」の利用を検討してみて下さい。驚くほど低価格で入手できます。
あまりの安さに怪しい〜と思うほどですが、信頼できる大手のサイトを利用すれば問題ありません。

さきほど紹介したオオサカ堂とアイドラッグストアーがこの業界で最大手!どちらも創業19年の実績があり、信頼できるサイトです。
もちろん、送料は無料!

「海外医薬品を個人で輸入するのは違法じゃないの?」と思うかもしれませんが、本人が利用する目的であれば問題ありません(厚生労働省も認めています)

よくニュースで摘発されているのは、販売目的で輸入している会社です。販売したら違法なので逮捕です。絶対ダメですよ。

というわけで、利用するしないは自由ですが、日本以外でも賢く安く入手する方法があることだけ覚えていてくださいね。

個人輸入仲介サービスを利用する上での注意点は、小さな個人輸入仲介会社は利用しない!ということです。
ニセモノが混入するケースで一番確率が高いのは、流通経路が明確になっていないケース。小さな会社では流通経路が不透明なのです。

私のおすすめはオオサカ堂。業界最大手であり、主要な商品であれば成分鑑定を行っています。
出荷元の提携会社は、医薬品取扱いライセンスを持った大手のホールセラー(製造業者と小売業の中間業者=いわゆる卸売業)なので、流通経路も明確!
何度も利用していますが、特にトラブルはありません。

一度だけ商品注文後に在庫切れになって、発送が遅れたくらいでしょうか。メールですぐ連絡がきて、通常より5日程度到着が遅かった記憶です。

価格についても業界最安値クラスなので、「別で買えばよかった〜」と感じることはないと思いますよ。

 

オオサカ堂については、下記も併せてお読み下さい。
【必見!】オオサカ堂の評判でグッときた3つの決め手!


もっとくわしい情報をみる(Click)